Q&A

サプリメントはいつ摂るの?

Q. 人間もペットもサプリメントっていつ摂取したらいいの?

A1. 治療と並行して体質を長期的に改善していく時や高齢犬等 臓器が病気になる前に。
→正常な細胞作りをサポートします。
(予防医学の考え方。 ペットにおいても生活習慣病の予防はとても大切です)

A2. 症状に対する治療薬と併用して。
→薬の副作用を緩和すると共に、免疫力や体力の回復をサポートします。

A3. 手術する前に。
→手術に耐えられる体力作りをサポートします。

A4. 手術後に。
→体力の回復や体質改善をすると共に経過を良好にし、再発予防をサポートします。
更には、手術後の二次感染を防ぐための免疫力回復のサポートをします。

A5. 手術が難しい箇所を改善する時や延命治療のサポートに。

CPLライフメティオについて

Q.「ファスティング」って?

もともと「ファスト(fast)」というのは断食のことを言います。
朝食を「ブレイクファスト(breakfast)」と言うのも 「前夜からの断食を破る(ブレイク)」という意味から来ています。

★CPLライフメティオについて

まずは腸をキレイに☆
サプリメントを摂取する前に、栄養を効率よく吸収できる腸内環境に整える事が大切です。
CPLライフメティオはサプリメントの吸収・効果を高めるサプリメントです。
解毒のサポートだけでなく、ミネラルが豊富な玄米やもずくも入っていますので同時に栄養も補給されます。

●肥満が気になる
●サプリメントを摂っても効果が出ない
●食欲がない
●元気がない
などのペットにおすすめです。

◎生体回復のサポート
食物を体内で消化吸収するということは想像以上に多くのエネルギーを消耗します。
CPLライフメティオのみを代替食として与えることにより、 普段消化吸収に使われているエネルギーを体力回復のために活用させます。
また、毎日働き続ける胃腸や内臓を休ませることで、胃腸・内臓機能を本来のレベルに戻すサポートをします。

◎体内解毒のサポート
腸内で老廃物(宿便)が増えると、毒素が発生し消化吸収を妨げ、血液を汚し、様々な病気を引き起こします。
ファスティングを行うことで腸内を浄化し、有害なものを排泄するサポートをします。

SODプロポリス

Q. 簡単に特長を教えて下さい

A. SODプロポリスはストレスや病気などで体内に過剰に発生する活性酸素を除去します。 (過剰な活性酸素は細胞をサビつかせ、あらゆる病気の原因となります。)
通常SODは大きいため吸収されにくいのですが、焙煎発酵させ小さくしているので吸収されやすいのが特徴です。 焙煎ごま油でコーティングを行っているため細胞への浸透性も高いです。(細胞膜は油が多い…油と油が溶け合うため)
含有されているプロポリスは天然の抗菌物質と言われ免疫力を高めます。 含有されているキチン・キトサンは体内の毒を吸着して排泄します。

Q. SODプロポリスはなぜ必要ですか?フードだけではだめですか?

A. SODプロポリスは病気などで体内から発生する「活性酸素」を除去するために必要です。
何らかの病気、もしくは体の具合が悪い場合は体内で活性酸素が発生しています。活性酸素は細胞をサビつかせてしまいますので、 さらに病気が悪化することも考えられます。また、プロポリスによって細菌やウィルスを死滅させます。 予防の意味で摂っていただくことも重要です。ただし、費用的に負担が大きい場合は、上記に示した ような体の具合が悪いときに摂られることをおすすめいたします。
安全なフードであればSODプロポリスは常に摂取する必要はないかもしれませんが、添加物や保存料、 着色料が多く含まれたフードも活性酸素を生み出す原因となりますので、そのような場合はSODプロポリス を併せて摂られることをおすすめいたします。

Q. 小麦・大豆が入っていますが、アレルギーの犬・猫に与えても大丈夫ですか?

A. SODプロポリスを開発検定している杏林予防医学研究所では、ペットでなく、人間を対象としたSOD様作用食品によりアトピーや アレルギーを改善した例を多数いただいております。(主成分や製法はほぼ同じです-小麦と大豆も含まれています)
小麦タンパク、大豆タンパクは、タンパク質であるがゆえにアレルギーの原因となるペットもいますが、上記のように焙煎発 酵を行い小さくすることでアレルギーを起こす可能性を減らすことができます。 ただし、少し飲まれてアレルギー反応を起こ す場合はお控えください。小麦・大豆アレルギーのペットでも、反応を起こさない場合は飲み続けてもかまいません (分子を小さくすることで反応を示していないということです)。
大豆は抗酸化栄養素が元々多く入っているということと(イソフラボンなど)小麦は発酵過程で必要な炭水化物源として こうじ菌を発酵させるために配合しております。このバランスがベストブレンドと言われる由来です。

Q. 遠赤外線焙煎製法って何ですか?

A. 抗酸化栄養素は、通常はタンパク質と手をつないで自由に活躍できない状態です。加熱することで手を離し、 抗酸化栄養素は自由に活躍できますが、普通に火をかけてはビタミンや抗酸化栄養素そのものが焼け死んでしまいます。 これでは台無しです。
そこで遠赤外線を用い、じっくりゆっくり煎ることで高温になりすぎるのを防ぎ、栄養素を破壊せずタンパク質と抗酸化栄養素 だけを切り離すことができます。

Q. "遠赤外線焙煎製法"の工程がありますが、その時に酵素が死滅しないですか?

A. 遠赤外線焙煎発酵の特徴は「じっくりゆっくり煎ることで高温になりすぎるのを防ぎ、 栄養素を破壊せずタンパク質と抗酸化栄養素 だけを切り離す」という部分にあります。 100%酵素が死滅しないとは断言できませんが、酵素が死滅しにくいのは確かです。 それよりもむしろ上記のようにタンパク質と抗酸化栄養素を切り離すのが狙いです。

Q. タンパク質と抗酸化栄養素だけを切り離す?

A. 抗酸化栄養素には「ビタミン」や「ミネラル」があります。細胞をサビつかせる悪いはたらきをする「活性酸素」を除去するのが 抗酸化栄養素(以下「ビタミン」とします)の働きです。
普段、食べた食事の中のビタミンはタンパク質と強くくっついて、ビタミン単体としては身動きがとれない状態になっています。 そこで、胃酸はビタミンとタンパク質を切り離し、動き回りやすくしてくれます。動き回りやすくなると身体のさまざまな部分にも運ばれて 働いてくれます。ビタミン単体になるということは、タンパク質と切り離した状態ですから、より「小さい」ものになります。これを「低分子化」といいます。
病気になると食欲が減るように胃酸の分泌も低下します。ですから、焙煎してビタミンを切り離すことによって、胃酸の分泌が少ない状態でも、 負担をかけずに吸収することができます。

Q. 低分子って何ですか?

A. 「小さな分子」にすることを「低分子化」といいます。
例えば、直接エネルギーとなるブドウ糖は、白いごはんに比べて低分子です。(白いごはんを噛み砕いて小さく低分子にしたものがブドウ糖です) お肉などのタンパク質を噛み砕いて低分子にしたものがアミノ酸です。
本来人間は「低分子」でないとうまく吸収することができません。無理やり大きな分子のまま身体に取り込もうとすると、 アレルギーの原因になったり、胃もたれを起こしてしまいます。低分子にすることでしっかりと吸収され、おなかにも優しいということです。